Home > ブログ > 過去問@1日1答!問14

過去問@1日1答!問14

運行管理者試験 平成27年度第1回

問14

道路交通法に定める駐車を禁止する場所(公安委員会の定めるところにより警察署長の許可を受けたときを除く)について次の記述のうち、正しいものを2つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。

1.車両は、道路工事が行われている場合における当該工事区域の側端から5メートル以内の道路の部分においては、駐車してはならない。

2.車両は、人の乗降、貨物の積卸し、駐車又は自動車の格納若しくは修理のため道路外に設けられた施設又は場所の道路に接する自動車用の出入口から5メートル以内の道路の部分においては、駐車してはならない。

3.車両は、公安委員会が交通がひんぱんでないと認めて、指定した区域を除き、法令の規定により駐車する場合に当該車両の右側の道路上に5メートル(道路標識等により距離が指定されているときは、その距離)以上の余地がないこととなる場所においては、駐車してはならない。
4.車両は、消防用機械器具の置場若しくは消防用防火水槽の側端又はこれらの道路に接する出入口から5メートル以内の道路の部分においては、駐車してはならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

問14 正解1、4

1.正しい
道交法第45条第1項第2号

道交法第45条第1項
車両は、道路標識等により駐車が禁止されている道路の部分及び次に掲げるその他の道路の部分においては、駐車してはならない。ただし、公安委員会の定めるところにより警察署長の許可を受けたときは、この限りでない。
一 人の乗降、貨物の積卸し、駐車又は自動車の格納若しくは修理のため道路外に設けられた施設又は場所の道路に接する自動車用の出入口から3m以内の部分

道路工事が行なわれている場合における当該工事区域の側端から5m以内の部分

三 消防用機械器具の置場若しくは消防用防火水槽の側端又はこれらの道路に接する出入口から5m以内の部分

四 消火栓、指定消防水利の標識が設けられている位置又は消防用防火水槽の吸水口若しくは吸管投入孔から5m以内の部分

五 火災報知機から1m以内の部分

2.誤り
道交法第45条第1項1号
5メートル以内」ではなく、「3メートル以内」のため誤り。

3.誤り
道交法第45条第2項
当該車両の右側の道路上に5m以上ではなく、3.5m以上のため、誤り。

道交法第45条第2項(駐車を禁止する場所)
車両は、第47条第2項又は第3項の規定により駐車する場合に当該車両の右側の道路上に3.5m(道路標識等により距離が指定されているときは、その距離)以上の余地がないこととなる場所においては、駐車してはならない。ただし、貨物の積卸しを行なう場合で運転者がその車両を離れないとき、若しくは運転者がその車両を離れたが直ちに運転に従事することができる状態にあるとき、又は傷病者の救護のためやむを得ないときは、この限りでない。

4.正しい
道交法第45条第1項第3号

Home > ブログ > 過去問@1日1答!問14

メタ情報

Return to page top