Home > ブログ > 過去問@1日1答!問13

過去問@1日1答!問13

運行管理者試験 平成27年度第1回

問13
道路交通法に定める合図等についての次の記述のうち、誤っているものを2つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。

1.停留所において乗客の乗降のため停車していた乗合自動車が発進するため進路を変更しようとして手又は方向指示器により合図をした場合においては、その後方にある車両は、その速度を急に変更しなければならないこととなる場合にあっても、当該合図をした乗合自動車の進路の変更を妨げてはならない。

2.車両(自転車以外の軽車両を除く。以下同じ)の運転者が同一方向に進行しながら進路を左方又は右方に変えるときの合図を行う時期は、その行為をしようとする地点から30メートル手前の地点に達したときである。

3.車両の運転者は、左折し、右折し、転回し、徐行し、停止し、後退し、又は同一方向に進行しながら進路を変えるときは、手、方向指示器又は灯火により合図をし、かつ、これらの行為を終わるまで当該合図を継続しなければならない。(環状交差点における場合を除く。)

4.車両の運転者が左折又は右折するときの合図を行う時期は、その行為をしようとする地点(交差点においてその行為をする場合にあっては、当該交差点の手前の側端)から30メートル手前の地点に達したときである。(環状交差点における場合を除く。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

問13 正解 1.2.が誤り

1.誤り

道交法第31条の2(乗合自動車の発進の保護)
停留所において乗客の乗降のため停車していた乗合自動車が発進するため進路を変更しようとして手又は方向指示器により合図をした場合においては、その後方にある車両は、その速度又は方向を急に変更しなければならないこととなる場合を除き、当該合図をした乗合自動車の進路の変更を妨げてはならない。

設問では、その速度を急に変更しなければならない場合にあっても・・・進路の変更を妨げてはならないとあるので、誤り。

2.誤り
道交法第53条(合図)
車両(自転車以外の軽車両を除く。次項及び第四項において同じ。)の運転者は、左折し、右折し、転回し、徐行し、停止し、後退し、又は同一方向に進行しながら進路を変えるときは、手、方向指示器又は灯火により合図をし、かつ、これらの行為が終わるまで当該合図を継続しなければならない。

道交法施行令第21条第1項(合図の時期及び方法)
同一方向に進行しながら、進路を変えるとは?
進行している方向は変えずに、進行する場所を変えること、つまり、「車線変更」を意味します。
ですから、これは、
30メートル手前の地点に達したときではなく、行為をしようとする3秒前のときなので、誤りとなります。

3.設問のとおりであり正しい。
道交法第53条第1項(合図)、
車両(自転車以外の軽車両を除く。次項及び第四項において同じ。)の運転者は、左折し、右折し、転回し、徐行し、停止し、後退し、又は同一方向に進行しながら進路を変えるときは、手、方向指示器又は灯火により合図をし、かつ、これらの行為が終わるまで当該合図を継続しなければならない。

道交法施行令第21条(合図の時期及び方法)
左折するときの合図を行う時期・・・その行為をしようとする地点(交差点においてその行為をする場合にあっては、当該交差点の手前の側端)から30m手前の地点に達したとき。
合図の方法:設問のとおりなので、省略

4.設問のとおりであり正しい。
道交法第53条第1項(合図)、道交法施行令第21条(合図の時期及び方法)

Home > ブログ > 過去問@1日1答!問13

メタ情報

Return to page top